ふりすかの日記帳☆食い意地編

基本的には外飯の記録です。写真のピンボケは酔いと老眼のせいです、ゴメンナサイw

和の食いがらし@恵比寿

いがらし

食べログいがらし



そもそも、私の出張予定をはずして、ずいぶん前に予定していたのですが、どういうわけか、夫の出張(2週間×2回)のちょうど狭間の週末でした。
ずっと和食を希望していたので、笑食会で知った恵比寿の「和の食いがらし」さんへうかがいました。

●最初のお皿:鱧とじゅんさい,茄子の煮びたしの上にワタリガニの身,ワタリガニの内子,蒸しアワビ&肝,食用ほうずき…季節の味覚が楽しめる素敵な一皿。食用ほうずきのおいしいこと。
●鮎の唐揚げ…何でこんなにおいしいのでしょうかw 骨がきれいに取れました!
●鱧すし…だいたい甘いツメがぬられていますが、こちらはそういう味付けが控えめでとっても良かった。
●お椀:冬瓜と海老…冬瓜に細かく包丁が入ってて。
●お造り:鯒とイカ…白いお造りの器が涼やか♪
●焼き物:太刀魚…太刀魚ってこうやって焼くとジューシーでいいのか。とても時間をかけて遠火で焼かれていました。
●煮物:茄子、万願寺とうがらし、穴子…京都の野菜はどうしてこんなにおいしいんでしょう?とw
●お食事:鮎の土鍋ご飯(うにか鯛も選べましたがふたりで1種類なので)…鮎をほぐしていただく贅沢。
●水菓子:スイカとメロン…氷がたくさん。和食の締めはこれですね。
帰るときのサプライズ! なななんと、いがらしさんから花束を頂戴しました! ε=ε=(ノ≧∇≦)ノキャー
ぐうぜんその日のお洋服にもピッタリでとてもうれしかったです。
ごちそうさま&ありがとうございました☆